X線μ-CT測定装置(XVA-160N/2.8M)

透過撮影、直交CT撮影及びユーセントリック機構を用いた斜めCTで撮影が可能なX線撮影装置です。直行CT及び斜めCT撮影では3D画像が取り出せます。X線発生源がナノフォーカスで精密な撮影が出来ます。

機器名 X線μ-CT測定装置(XVA-160N/2.8M)
商品名 マイクロフォーカス3次元X線検査装置
型式 XVA-160N/2.8M
メーカー 株式会社ユニハイトシステム
仕様 ・ビームフォーカスサイズ 5段階(F1~F5)
・最大出力電圧及び電流
 F1~F3 130KV200μA(但しF3 100KV以上は100μA)
 F4~F5 90KV200μA
・IIカメラ傾斜角 0~60°
・観察倍率 2.6~1000倍(幾何学拡大)
・対象ワークサイズ 310mm×310mm以内
・観察テーブル回転角度 -190~190°
配置場所 I-201
装置番号 I-201-01
機器の状況 良好
※使用料金は、料金表をご覧ください。