差動型示差熱天秤(TG-DTA)

物性測定成分分析

低ドリフトで高温までの安定した評価が可能な上皿式差動型示差熱天秤。Slip-onプレートにより、金属融着などの破損リスクがなく安定した評価が可能。大容量、耐食ホルダー他様々な評価が可能。

機器名 差動型示差熱天秤(TG-DTA)
商品名 差動型示差熱天秤(TG-DTA)
型式 TG-DTA 2000 SE
メーカー NETZSCH
仕様 ・温度範囲:室温~1700℃
・TG分解能:0.1μg/1g
・測定雰囲気:不活性、酸化性、還元性、減圧、真空置換、水蒸気
配置場所 I-202
装置番号 I-202-09
機器の状況 使用可
使用料金 ・自主 ¥3,000円/時間 or 日
・依頼 ¥8,000円/時間 or 日
※大学・研究機関は上記料金の2/3になります。